原材料と成分の違いを理解して確認する

今回は、精力サプリメントの選び方の中でも原材料と成分についてまとめます。

原材料と成分の違いを理解して確認する

原材料と成分の違いは?

精力サプリメントにおいて原材料とは、マカや朝鮮人参、トンカットアリなどの植物と、マムシやスッポンのような動物系があります。

そして成分とは、シトルリンやアルギニン、亜鉛などが代表です。

これらはそもそもで立場が全く違います。

1,000mgは1gと同じなので、原材料の1gは大した量ではありません。

マカやスッポンでも、EDに有効な成分は、1gあたりでほんの数ミリグラム程度しか含まれていません。(1,000mg中5mgなど)

ですが逆に、1,000mgという数字は、シトルリンやアルギニンの成分量で考えると、かなり多い量なのです。

ここの数字のトリックに騙されてはいけません。

しかし原材料と成分の違いを理解しておけば、まず騙されることはありませんよ。

原材料の読み方

原材料は、割合の多いものが始めに書かれていて、一番最後に書かれている原材料は、ほとんど入っていないものになります。

ですので、始めの方に精力に関係のなさそうなものばかりが含まれているサプリメントからは、EDに有効な効果は期待出来ないのです。

結局大事なのは成分

精力サプリメントを飲む人にとって、大切なのは成分です。

というより、精力サプリメントは成分が命です。

何の成分がどの程度含まれているのか? を理解しなければなりません。

よく精力サプリメントの広告では、肝心の成分をホームページで公開していない例もあります。

ですが、精力サプリメントの効果を実感したいのなら、有効成分がたっぷり含まれていなければ意味はないのです。

mg(ミリグラム)や原材料名でごまかし、ハッキリとした成分の量を公開していない精力サプリメントは、それだけでも危険です。

精力サプリメントを選ぶ場合は、これらの点に十分注意をしてください。

ページトップに戻る