若年性EDの原因と対策

若年性EDって、そんなに聞き覚えはない言葉ですよね。

EDって中高年の症状ってイメージが強いですが、実は若い人にも起こりうる症状なんです。

若年性EDの原因と対策

若年性EDって何?

若年性EDとは20代や30代など、比較的若い年代の人に起こるEDです。

そのほとんどが心因性とされていますが、本人はまさか自分がEDになっているなんて思いもしません。

ですので、そのうちにドンドン自信を失っていきEDが悪化することもあります。

若年性EDの原因とは?

若年性EDの原因は、心因性と器質性の2つがあります。

ですが、主な原因は心因性です。

その中でも特に若年性EDになる人に多いのは、初めてのセックスや、新しい女性とのセックスで勃たない現象です。

これは緊張していることで起こりますが、「下手に思われたくない」「かっこいぃところを見せたい」と思えば思うほどに失敗します。

若年性EDの原因とは?

またその他にも、疲れやストレスで勃たなかったり中折した経験がトラウマとなり、失敗を続けることもあります。

これも「また失敗したらどうしよう」という緊張からたたなくなるEDです。

これらの原因は全て心因性で、緊張や不安から生じます。

若年性EDの対策とは?

原因のほとんどは心因性なので、若年性EDのほとんどが自信をつけることで改善するものばかりです。

その為には、成功体験を積み重ねることが重要です。

例えば精力剤は、セックス失敗のリスクを軽減させてくれるアイテムです。

飲み続けることで通常より勃起しやすくなるので、成功体験が作りやすくなります。

またツボ押しや禁煙など、ED対策となることを積み重ねれば、不安要素は少しずつ減っていきます。

おまじないレベルではありますが、少しずつ若年性のED対策として効果を発揮していきます。

もしどうしても勃たなければED治療薬が必要かもしれませんが、精力剤と違って薬になるので、あまりオススメはしません。

当然副作用はありますし、使わなくてすむなら、その方が良いに決まっています。

若年性EDは対策をとれば治るEDなので、まずは精力剤からはじめてみるのがオススメですよ。

まずは一度お試しください。

ページトップに戻る