器質性EDの原因と対策

器質性EDはEDの代表ともいえる症状で、原因特定や対策の難しいEDです。

年齢に関係している場合もあれば、病気や事故が原因の場合もあり、対策もバラバラです。

その中でも特に、40代以降は注意の必要なEDです。

器質性EDの原因と対策

器質性EDって何?

器質性EDとは、身体機能になんらかの問題があることで、中折したり勃起しないEDのことです。

器質性EDは細かく分類すると、かなり多くの種類があります。

主には、血流に問題があるケース、神経に問題があるケース、生活習慣から男性ホルモンが低下したケースなどがあります。

場合によってはED治療薬すら効かない厄介なEDで、多くの人の悩みのタネになっています。

器質性EDの原因とは?

器質性EDの中で多いとされる原因は、生活習慣によるものです。

喫煙や飲酒、ストレスなどが原因で、男性ホルモンのテストステロンが低下してEDとなります。

他には病気や事故、手術などが原因で血流や神経に問題が起こることもあります。

高血圧や糖尿病、前立腺肥大などは、それらの代表的な病気例です。

さらには、薬による副作用が原因で器質性EDになる場合もあり、何が原因かは医者が見てみないとわからないことも多くあります。

器質性EDの対策とは?

神経に問題が起こっている場合は、ED治療薬も精力剤も対策にはなりません。

ですが生活習慣が原因の場合なら、精力剤を飲むことで男性ホルモンを増やすことが出来ます。

男性ホルモンを増やせば、元の状態かそれ以上には回復しますよ。

ただし、器質性EDは本当に多くの原因が考えられます。

ですので素人では、何をしても治らないとの理由から、心因性EDをこじらせる場合もあります。

もし病気やケガをしてからEDになったという場合なら、一度病院に行ってみるのが一番の対策です。

それ以外の場合なら、まともな精力剤を使えばほとんどの器質性EDの対策となります。

ぼくも愛用しているバイタルアンサーは、男性ホルモンを増やすのにはかなり効果的です。

生活習慣が原因と考えられる場合は、ED対策として一度試してみるのがオススメですよ。

ページトップに戻る