手のツボを押してマッサージする

EDの予防と治療には、ED対策に効果のある手のツボをマッサージすることも効果があります。

ツボのマッサージは意外と即効性もあるので、試してみる価値はありますよ。

手のツボを押してマッサージする

なんで手のツボのマッサージがED対策になる?

ツボのマッサージは、副交感神経を高める働きがあります。

副交感神経が高まることで、リラックスできる効果があるので緊張も緩和されます。

またツボそのものに様々な効果があり、手のツボにもED対策の効果が期待出来るものがいくつかあります。

さらに手のツボなら、セックスの時にも押しやすいといった特徴もあります。

どのツボがED治療や予防に効果がある?

代表的な手のツボは3つあります。

01. 労宮(ろうきゅう)

労宮(ろうきゅう)のツボがある場所は、手のひらの中央となります。

わかりやすいのは、手をにぎった時の中指と薬指の間です。

労宮は血流をよくする効果があり、ストレスや緊張の緩和、動機をおさえる効果があります。

02. 三焦経(さんしょうけい)

三焦経(さんしょうけい)のツボは、左手の薬指の爪の付け根から3ミリほど離れた場所にあります。

主に男性ホルモンの分泌を活発にさせる効果があり、他にも自律神経を整える効果が期待できます。

03. 商陽(しょうよう)

商陽(しょうよう)のツボは人差し指の若干親指側にあり、爪の付け根から3ミリほど離れた場所です。

ツボを押すことで精力アップや滋養強壮の効果があり、疲労回復や集中力アップにも効果的です。

手のツボの押し方はどうする?

手のツボは場所を覚えることだけでなく、押し方も大切です。

強く押しすぎても皮膚を痛めるのでダメ。

力が弱すぎても全く効かないのでダメです。

痛気持ちいいくらいの強さで、1秒押して離すのを10回程繰り返してください。

ツボ押しは、ツボの場所と押し方を覚えるだけでもED対策や予防、治療に効果があります。

今回紹介した3つくらいなら、すぐに覚えられると思うので、しっかり覚えて役立ててくださいね。

ページトップに戻る