オナニーを控える

EDの予防と治療には、オナニーを控えることも効果的な方法となります。

若い頃はオナニー頻度が多いのも仕方ありませんが、やりすぎるとEDを悪化させることになります。

オナニーを控える

特に初期EDの人は注意してくださいね。

甘く考えていると、気づかぬ間にEDが悪化してしまいますよ。

なんでオナニーのしすぎがEDの原因になる?

あまりにもオナニーの感覚に慣れすぎてしまうことが大きな原因です。

膣と手では、やはり感覚が違います。

手の感覚は自分で調整し放題なので、自然と締め付けが強くなりすぎている場合もあります。

そういった場合は、女性の膣では満足できなくなります。

ですので、出来るだけ手の感覚ではなく膣の感覚にアソコを慣らしておくのが良いんです。

オナニーをやめればEDが治る?

残念ながらオナニーをやめればEDが治るわけではありません。

ですが、1ヶ月もオナニーを禁止していれば状況は大きく変わります。

あそこはかなり勃ちやすくなり、ひさしぶりの快感にイキやすくなります。

初期のED治療には効果的です。

もちろん、オナニーの頻度をいきなりゼロにしてください! とは言いません。

ですが、毎日オナニーしている人は2日や3日に1回に変えてみてください。

それだけでも少しはマシになります。

もし可能なら、彼女や奥さんがいるならオナニーはしない方が良いんですけどね。

そういった特定の相手がいない場合でも、オナニーはあまりしないことをオススメします。

特にエッチをする予定のある日の前日と当日は、オナニーをやめておきましょう。

最低でもそれだけは徹底してください。

ちなみに余談ではありますが、オナニーをした時に精液がドロっとしていたら要注意です。

海綿体という、勃起性組織が壊れている可能性があります。

その場合は、必ず1ヶ月以上はオナニーを禁止してください。

そのままEDが悪化したり、完全なEDになる可能性も高いので注意してくださいね。

ページトップに戻る