ストレスを減らす

EDの予防と治療には、自分にかかっているストレスを減らすことが大切です。

ストレスには様々な原因がありますが、それらがEDの原因になることは少なくありません。

ストレスを減らす

どんなストレスがEDの原因になる?

01. 日々のストレス

仕事上のストレス、生活上のストレスなども、重なることでEDの原因になりえます。

20代なら将来へのストレス、30〜40代なら上司へのストレス、50代以上なら老後へのストレスなど、その種類は多岐にわたります。

ストレスは積み重ねれば積み重ねるほどに重症化しますが、間違いなく体にとっては毒です。

なるべくストレスを抱えないですむ生活をするのが理想ですね。

ただしストレスに感じるかは性格の問題も大きいので、自分なりのストレス解消法があると良いでしょう。

例えばゲームやカラオケ、買い物、トイレにこもる、お酒を飲む、趣味に没頭するなどがあります。

ストレス解消法は、自分に合うものを試してみてくださいね。

02. セックスでのストレス

日々のストレスに比べると、こちらの方が深刻です。

過去に中折れや挿入時になえた、勃たなかったなどの失敗体験があると、セックスへのストレスやプレッシャーが強くなるのは自然なことです。

特に経験の浅い人、何回も失敗した人は要注意で、心因性EDと呼ばれる緊張や不安が原因のEDになる可能性があります。

また、子作りへのプレッシャーやマンネリ化がストレスになり、EDを加速させることもあるようです。

自分で出来る限りのED予防と対策をおこない、精力サプリメントなどを利用するのが良いですよ。

ストレスにより受ける影響は、自分で考えるよりも体が正直に反応します。

なるべくストレスを感じないですむよう、ストレス解消法を使って、活力のあふれる生活をおくるように心がけてください。

その為にも、精力サプリメントは有効な治療法になりますよ。

ページトップに戻る