筋トレがED予防にも役立つ

EDの予防と治療には運動が良いということを前回まとめましたが、筋力トレーニングも十分に役立ちます。

特に足腰を鍛える筋トレはED治療に効果的です。

筋トレがED予防にも役立つ

なぜ筋トレがEDの予防や治療に効果があるの?

筋肉は収縮と膨張を繰り返すことで、ポンプのように血液を送り出す力があります。

しかし筋肉がおとろえることにより、この役割がうまく果たせなくなり、EDの危険性が高まるのです。

特に下半身の筋肉は重要で、ここの筋肉がおとろえると、ペニスに血液を送る力が弱まってしまいます。

長時間のデスクワークが多い人は、下半身の筋肉がおとろえがちなので、若くても危険です。

最近は若い人にもEDになる人が増えていますが、その原因の一つが下半身の筋力の低下によるものです。

何の筋トレがオススメ?

筋トレの中でも、骨盤底筋という下半身の筋肉を鍛えることが出来る、スクワットがオススメです。

ED治療として効果的な筋肉は、下半身を中心とした足腰と骨盤周辺です。

これらの筋肉を効率よく鍛えられるのがスクワットなのです。

スクワットの正しいおこない方

女性の間では、スタイルを良くする、姿勢を良くするなどと人気のあるスクワットですが、正しい手順でやらなければ、効果は半減です。

足を肩幅に開き、背筋をなるべく伸ばした状態で、お尻の位置を落としていきます。

そして太ももの位置が床と並行になったら、ヒザを伸ばしながら体を元の状態に戻します。

最初はバランスをとるのが難しいので、両手を前方に出してバランスをとりましょう。

それでもバランスのとれない人は、太ももの上に手を置いても問題ありません。

筋トレはどれもそうですが、ゆっくりとおこなうことでケガの危険性を減らせます。

特に40代以上はケガをしやすくなるので、焦らずゆっくりと続けてください。

最初は10回くらいからはじめて、毎日30回くらいおこなえば十分です。

大変ではありますが、EDの予防と治療のために、頑張ってみてください。

ページトップに戻る