睡眠時間の質をあげる

EDにならないようにするには、睡眠時間の質をあげることが重要です。

ED気味の人のほとんどが、不規則な生活リズムになっていることが多いのが実状です。

睡眠時間の確保とリズムを整える

睡眠の質を上げるには?

睡眠の質を上げるのに大切なことが何かわかりますか?

睡眠時間を増やすことでしょうか? それとも生活リズムを整えることでしょうか?

もちろんどちらも正解です。

しかし本当に大事なのは、ホルモンの分泌が活発な夜10時〜2時の間に熟睡していることなのです。

これを実践するだけで、睡眠の質は圧倒的に上がります。

とはいえ、一般的なビジネスマンにこの時間に熟睡しろ! というのは難しい話ですね。

ですのでせめて、土日だけでもこの時間に熟睡できるように頑張ってみてください。

熟睡するための注意点

睡眠の質を上げるために、夜10時〜2時の間は熟睡するという話をしましたが、慣れない内は結構難しいと思います。

ただし1ヶ月もすれば、自然と慣れてくるのが人というものです。

ひとまずは、寝る3時間以内にはカロリーの高い食事をしないことが大切です。

食事をしてしまうと胃が活発に動くので、途中で起きたり睡眠の質を下げることになりがちです。

また、寝る前の1〜2時間くらいはパソコンやスマホの使用も極力使えるのが良いですよ。

画面から出ているブルーライトの刺激は、睡眠の質を低下させる原因になります。

ちなみに寝る前にお風呂にゆっくり浸かると、その後に熟睡がしやすくなります。

睡眠時間について

一般的には6〜8時間の睡眠時間が良いとされています。

最近では、6〜7時間の方が良いという意見もあります。

寝る時間が多少遅くなってしまっても、これくらいの睡眠時間が確保できれば良いのですが、難しいという人も多いでしょう。

そういう人は、せめて土日だけでもシッカリと睡眠時間を確保して、なるべく睡眠の質も高めれるよう意識してくださいね。

EDを予防、治療するのは、そういった生活習慣の積み重ねによるところが大きいのです。

ページトップに戻る